www.hbagainesville.com

外為取引の投資についての対象は、各国それぞれの流通貨幣があります。流通貨幣において学習してみようと思っています。・公式通貨には「基軸通貨」と称されるものがあります。基軸通貨というのは、各国間での決済や金融の取引において主として活用される通貨のことを指し、現在はアメリカ合衆国ドルであります。昔日はスターリング・ポンドが基軸になる通貨でしたが$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なったのです。・FXにおいてやり取りされている公式貨幣の種類に際しては、他で言う外貨の投資に比べてみて際立って多いというのが特性なのです。FX企業により扱う流通貨幣の種類は変わってきますが、一般的には20種類前後あるようです。その中でも流動性が大きくなっている流通貨幣をメジャー通貨と言います。流動する性質が高い数値とは売買が積極的に実施されておるという事をしめしていて流通貨幣の商売が気軽なという事です。広く支持された流通貨幣には上記にて述べました基軸の通貨であるアメリカドルに、日本の円、ユーロ(?)3種がございまして世界の3大通貨表されております。英ポンド、豪ドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。メジャー通貨、準メジャー通貨以外の流動性が低い通貨についてはマイナー通貨と呼ばれ相対的経済力が弱い国での流通通貨で南アフリカランドやシンガポールドル、インドルピー、トルコリラなどが主とされている通貨に関しては、流通されてる程度が多いという事もあり値の変動が横ばいで情報量も豊富なそうです。マイナー通貨に関しては金利が高い価格な場合が多く、値の激動がかなりあるみたいです。値動きがかなりあるいう事について甚大な利潤を得る幸運に恵まれる機会が存在しますが儲けがある分リスクも大きくて不安定です。更に流動する性質があまりない通貨ですから、決済したいと思っている時として売買を完了させる事が不可能であると予想される事があります。どの通貨を選び出すのかというのはケースバイケースの流通通貨の特性を注意深く検討してから実行する必要があると思われます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.hbagainesville.com All Rights Reserved.