民事再生という手続きを選ぶことができれば

民事再生はマンション等のローンを含めて複数の債務に悩む個人をターゲットにマイホームを維持しながら金銭的にやり直すための法的な債務整理の方法として2000年11月に利用できるようになった解決方法です。http://xn--9-oiusa9a3132a9ipmscfz4b.com/

民事再生には、破産申告とは違って免責不許可となる要素がなく、賭け事などで債務が増えたのであってもこの方法は可能ですし、破産をすると業務禁止になる可能性がある資格で生計を立てているような人でも手続きが可能になります。ニコノン

破産宣告では住居を対象外にすることは無理ですし特定調停等ではやはり元金は払っていくことが必要ですので住宅のローンを含めて返済を続けるのは実際には簡単ではないでしょう。ポリピュア

ですが、民事再生という手続きを選ぶことができれば、住宅のローン以外の借入金はけっこうな負債を削減することも可能なためある程度余裕に住宅のローンを支払いながらそれ以外の債務を払っていくようなことができるといえます。

ただし、民事再生による解決は任意整理または特定調停と異なり一部分の借金だけを省いて処理していくことはできませんし破産宣告のように返済義務それそのもの消滅するのではありません。

それに、それ以外の手続きと比較すると手続きが手間が必要ですので住宅ローンなどがあり住居を維持する必要がある場合などを除いて、破産等といったその他の整理ができない際の最終的な解決方法と考えた方がいいでしょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.hbagainesville.com All Rights Reserved.