裁判にまでもつれ込みますが

自動車事故に巻き込まれた場合あなたが交通事故の被害者でも向こう側が手落ちをちっとも納得しない場面は多く存在します。サエル通販

例をあげれば、しようとしてではなく少し他のことに気がいったことで相手の自動車を追突した場合などにそういう口論にうつってしまうケースがないとは言えません。

かといって、その場で自動車だけの交通事故されて後で体の痛みが現れた時に病院の参考になる診断書警察に提出するのでは遅れを取るのは否定できません。

そうであるならば、車の事故の過失割合の認定にはどんな基準が設定されているのでしょうか。

きちんと言えば、警察署が決定するのは主として自動車の事故の大きな手落ちがあったのはどちらの車かという責任の所在であって、「過失割合」ではありません。

また、決められた事故責任者が警察から知らされる場面は有り得ません。

よって、過失の割合がどうなのかは事故にあった両者のやり取りの結果により明確にされ、これが賠償のベースになります。

その場合に、関係者全員が任意に加入する自動車保険に入っていなかった状況では双方が面と向って相談を余儀なくされます。

当然の事ながらこういう協議では、短絡的な押し問答になる可能性があります。

まして、互いの主張に差があればまかり間違うと、裁判にまでもつれ込みますが、この場合貴重な時間と裁判費用とても大きな損失となってしまいます。

なので概ね互いの事故当事者に付く自動車保険会社、そのように各々の自動車の保険会社に交渉を委ねる対応で、過失の割合を理性的に結論付けさせるのです。

このような際には、保険の会社は過去の自動車での事故の裁判が行われ、出た判断から計算した基準、判断例等を元に、推測と調整をして過失の割合がどうなのかを計算します。

と言っても交通事故においては、遭遇したのか他者を巻き込んでしまったのかには関係なく、とりあえず警察に電話するのが絶対です。

その上で保険の会社に連絡を取り、以後の協議を委ねるのが順番になります。

この順序さえ知っていればそれぞれの無意味な協議となる場合を回避できるに違いありません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.hbagainesville.com All Rights Reserved.